四国(愛媛・香川・徳島・高知)の家庭教師ならデスクスタイル

お問い合わせは0120-975-057

トップページ > デスクスタイルが選ばれる理由 > 1対1の指導

なぜ、デスクスタイルは生徒達のやる気と成績を伸ばせるか?

1対1の指導

塾とデスクスタイルの違い

質問できない 集団塾では当然先生1人に対して大勢の生徒が同時に授業を受ける形になります。

授業のペースも生徒1人1人に合わせることは不可能なので、お子さんの勉強の段階と塾の授業のペースがピッタリあえばどんどん伸びていきますが、お子さんの勉強の段階と塾の授業のペースにズレがあると授業についていけなくなり、理解できないままどんどん授業が進んでいってしまいます。

質問できない 集団の中での勉強なので、なかなか質問できないというお子さんも多いです。

質問できないため、わからないところがわからないままになってしまい、気が付けばわからないところがわからないとなってしまうことも多いです。

授業中は基本的には講師からの一方的な授業になることも多く、授業時間中に質問する時間が少ないことが原因です。

質問できない 集団塾であれば、お子さんの勉強の段階に合っている授業の進み方で、どこがわからないかをハッキリさせ、積極的に質問のできるお子さんの方が成績は伸びやすいです。

一方、1対1の家庭教師であれば、お子さんの勉強の段階に合わせて勉強を進めていくことができます。

お子さんが基礎があやふやになっている状況であれば、あやふやになっているところまで、しっかり戻って勉強していくことができます。

先生と生徒 なかなか質問できないお子さんでも、手が止まっていたり、わからないという様子は隣で見ていれば、わからないことがちゃんとわかるので、質問できないというお子さんでも、先生の方でしっかり確認しながら勉強を進めていけます。

デスクスタイルでは、相性バッチリの先生と1対1での勉強なので、最初は質問できないお子さんも、わからないところがわかるようになり、先生との距離が近づくと、ちゃんと質問できるようになっていきます。

個別塾とデスクスタイルの違い

質問できない 多くの個別塾が完全に1対1ではなく、1対3~4での勉強になることが多いです。

他の生徒さんに教えている間は、基本的には待つか問題を解いていることしかできず、質問する時間はある程度決まってはいますが、積極的に質問する生徒さんほど優先的に教える形になってしまいます。

しっかり問題を解きながら待つことができれば良いですが、積極的に勉強を進めていくことができないお子さんは、質問するのを待っている間は、ただ待っているということも多いようです。

1対1の家庭教師の場合は、質問する時間も限られておらず、先生が隣にいるときにはいつでも教えてあげることができます。

質問できない わかるまで何度でも教えてあげることができるので、効率的に勉強していくことができます。

デスクスタイルでは、生徒が1人でも勉強できるように、勉強のやり方から教えていっているので、1人で勉強するときにも、何を勉強すれば良いかわからないということはありません。

1対1でお子さんのペースにピッタリ合わせて、ゆっくり丁寧に教えていけることが、デスクスタイルが選ばれている理由です。

無料やり方体験授業のお申し込みはこちら

デスクスタイルの資料をご請求の方はこちら

StepByStep

家庭教師派遣エリア(愛媛・高知・徳島・香川)

デスクパートナー登録

デスクスタイルの事がよくわかるFLASH CMはこちら!

インターネット家庭教師デスクスタイルオンラインスクール

デスクスタイルのデスクパートナーとは家庭教師のことです。 デスクスタイルについて詳しく知りたいという方は こちら をご覧ください。

  • 【デスクスタイル四国校】
    〒790-0001
    愛媛県松山市一番町1丁目14番地1
    一番町地所ビル2F
    ※事務所は愛媛県松山市ですが、四国全域で活動しています。